子どもが発症しやすいイボを詳しく【見た目が魚の目に似ている】

どこで治療を受けるべきか

婦人

いぼを切除したい場合、数や状態によっては一般の皮膚科ではなく美容クリニックを選んだほうが良いでしょう。自由診療なので費用は全額負担となり、炭酸ガスレーザーなら5mm程度のもので1つ5,000円程度が相場になります。

子供に多い皮膚の病気

相談

いぼいぼ.com

いぼを切除するには知識がある医師の元で治療する必要があります。まずはクリニック探しから始めましょう。

いぼが気になる人のサイト

いぼを切除すればコンプレックスから解放されますよ。ここのサイトで知識をつけて、信頼できるクリニックで手術を受けましょう。

専門医に診てもらおう

いぼにも種類がいくつかあり、首にできるものは加齢が原因で生じる皮膚トラブルで、小さないぼが複数できるのが特徴です。顔や手足にできるものはウイルスの感染が原因による尋常性疣贅や伝染性軟属腫と呼ばれるものです。感染の原因となるヒト乳頭腫ウイルスは100種類以上もあり、ウイルスの種類によって出現部位や症状が異なります。子供がかかることの多い伝染性疣贅はいわゆる水いぼのことで、プールで感染することが多い病気です。皮膚と同じ色のブツブツがたくさんできるのが特徴で、放置しても自然治癒することもあります。足の裏にできるものはミルメシアといい、子供に多い病気で、見た目が魚の目に似ているのが特徴です。いぼは痛みがない場合が多いですが、ミルメシアは痛みを生じることがあります。ミルメシアなどの尋常性疣贅の治療法は液体窒素による凍結療法でいぼを切除します。伝染性疣贅の場合はピンセットでの切除治療が一般的です。どちらの治療も痛みを伴うため、小さなお子さんだと我慢できないことがあります。薬での除去や、漢方薬の服用など痛みのない治療を行ってくれる病院もあります。いぼは市販の外用薬や民間療法を用いてセルフケアを行う方法もありますが、誤った処置をすると症状が悪化することもあります。いぼは痛みやかゆみがなく自覚症状がない場合がほとんどですが、軽いかゆみを伴うこともあり、子供は患部が気になって触ってしまい、ウイルスを広範囲に広げてしまうことがあります。ウイルス性のものは放置すると症状が悪化し、治りづらくなります。なかには自然治癒することもありますが、いぼの数や範囲が大きくなると、治療期間も費用もかかってしまうので、軽い症状のうちに専門医に診てもらうのが良いでしょう。子供にできるミルメシアや水いぼは痛みに配慮した治療が行われています。水いぼはピンセットによる切除が確実な治療方法ですが、痛みに耐えられない場合は局所麻酔テープやクリームを使って切除していきます。その他にも殺菌作用があるサリチル酸が配合された外用薬やハトムギから作られた漢方薬の服用など、複数の治療法を組み合わせて治していきます。家庭では普段からハトムギ茶を飲む習慣をつけると、治療効果を高めることができます。ハトムギ茶には免疫力を高める効果や新陳代謝を増進させる作用があります。

ウイルス感染や加齢が原因

ナース

いぼはウイルス感染や加齢などが原因で発症します。いぼはまれに皮膚がんの可能性もあるので、気になる時は早めに診察を受けて切除するようにしましょう。クリニックでは液体窒素療法やレーザー治療などが行われています。

角質の異常は早目に治す

医者

いぼ切除を実行に移す際にはその状態と場所をしっかり鑑みて、適切な治療と後処理をしっかり行う必要があります。適当にやると傷跡が残ってしまったり化膿する恐れがあるので、皮膚科や美容外科の医師の言うことをしっかり聞きましょう。

症状に応じて施術を選択

女性

いぼは症状によって治療法が選択されます。冷凍療法やレーザー療法などで切除する方法があり、医師と相談して治療法を決め、予約を取るという流れになります。治療後は皮膚を保護することが大切で、漢方薬やビタミン剤などの内服治療も行われています。

綺麗な肌になるためには

ウーマン

いぼを切除するときは、いぼの原因や大きさ、そしてできている場所によって治療法が変わってきますので、自分の状態を正しく知る必要があります。そのためにも、事前にカウンセリングを受け検査をしてもらい、自分に合った切除方法を選ぶことが大切です。