子どもが発症しやすいイボを詳しく【見た目が魚の目に似ている】

  1. ホーム
  2. 綺麗な肌になるためには

綺麗な肌になるためには

ウーマン

美容整形が人気

顔や首などの普段露出されている部位にできたいぼは、見た目にとても気になります。できれば、取り除いてスベスベの綺麗な肌を手に入れたいものです。実際に、取り除くとなると、色々な不安が付きまといます。美容整形で、施術をするときに痛みはないのか、取り除いた跡がシミなってしまわないのかなど、考えると不安だらけになります。いぼのできる原因は、大きく分けると2つあります。1つは、ウイルス性のいぼです。ウイルスが小さな傷などに入り込み、固く盛り上がります。主にできる場所は、指や足の裏に多くできると言われています。原因がウイルスのため、放置をしておくといぼが増える可能性がありますし、お風呂などで他人にうつしてしまう危険性もあります。ウイルス性の場合は、放置せずに切除をすることが必要です。2つめの原因は、加齢や紫外線の刺激などによりできる、良性の腫瘍です。身内にいぼのある人がいた場合、遺伝によりできる可能性が高まります。良性の腫瘍ですので、切除せずに放置をしておいても問題はありませんが、見た目が気になったりします。美容整形では、簡単に切除する施術方法がありますので、美しい肌を手に入れるために切除をする女性が増えています。いぼの治療法は、はさみなどを使用して切除する方法、レーザーを使用した炭酸ガスレーザー治療、液体窒素を使用して除去する方法の3種類が主流となっています。大きないぼの場合、はさみなどを使用して除去手術をすることがあります。最近、治療法で増えているのが炭酸ガスレーザー治療になります。レーザーを使用して、いぼを整除します。レーザーを調整することで、肌を削る広さや深さを調整できますので、いぼの大きさに関わらず綺麗に切除することができます。治療時の痛みは麻酔をする場合が多いので、ほとんど感じることはありません。治療の当日は、洗顔することはできませんし、治療をおこなった箇所にテープを貼るので暫くはテープが目立ってしますが、テープの上からメイクは可能ですので、ある程度隠すことはできます。メリットは、1回の治療で切除することができて、個人差はありますがケアをおこなっていれば、1週間ほどで治療跡も目立たなくなってきます。液体窒素治療は、液体窒素で患部を凍らせて除去します。治療に時間がかかり痛みもありますが、保険が適用される場合が多いので治療費を抑えることができます。また、傷跡が残る場合もあります。