子どもが発症しやすいイボを詳しく【見た目が魚の目に似ている】

  1. ホーム
  2. ウイルス感染や加齢が原因

ウイルス感染や加齢が原因

ナース

自己診断は禁物

いぼができる原因はウイルス感染によるものか遺伝、加齢によるものです。ウイルス感染によるものはヒトパピローマウイルスが原因で、皮膚に傷がある時にウイルスが侵入し、いぼが作られます。手の指や足の裏に多く見られ、アトピー性皮膚炎の症状がある場合はいぼができやすく、治りにくいこともあります。遺伝や加齢によるものは老人性疣贅と呼ばれ、顔や首、わきの下などにできることが多いです。顔にできるいぼは高齢者に多く見られ、茶色いシミのように見えるのが特徴です。首にできるものはスキンタッグと言い、皮膚が柔らかい場所にできるのが特徴です。スキンタッグは中高年の女性に発症することが多いと言われますが、中には20代で発症するケースもあり、紫外線や摩擦による肌へのダメージが原因とされています。良性腫瘍なので放置しても健康上問題ありませんが、加齢に伴い増えたり、大きくなっていったりします。治療法は液体窒素で切除するのが一般的で、ほとんどの皮膚科で行われている治療法です。−196℃の液体窒素を皮膚に付け、細胞を急速に凍らせることでいぼを壊死させ切除します。いぼができてしまったら自分で判断せずに、早めに病院で診察してもらうのが良いでしょう。首いぼは見た目が悪いので、小さいものだと自分でハサミで切除する方もいます。しかし、自分で切除した場合、傷口から細菌が入り、炎症を起こす可能性があります。出血や腫れ、痛みがひどくなることもあり、色素沈着が起きるケースもあります。また、ウイルス性のいぼだった場合、ウイルスを周囲にまき散らし、大量に増えてしまう危険性もあります。ほとんどのいぼは良性腫瘍ですが、皮膚がんの場合もあり、安易な自己診断は症状が悪化したり、重篤な病気を見逃してしまったりする危険があるので注意が必要です。クリニックで行われる治療法は主に液体窒素療法やレーザー治療が行われています。液体窒素療法は綿棒に液体窒素を含ませ、患部に押し当てて低温やけどの状態にします。治療後はかさぶたや水ぶくれができ、かさぶたが取れる時にいぼも一緒に取れるという仕組みです。レーザー治療は美容クリニックで多く使われている治療法で、患部をピンポイントに削り取ることができます。それぞれにメリット、デメリットがあり、クリニックや出現部位によっても治療法はさまざまです。病院に行く前に自分でリサーチしておくと良いでしょう。